SOPHIA・Rayflowerのミラクルスーパーキーボーディスト都啓一さんのファンサイト。

TOP > Miyako Keiichi - 都啓一個人活動

都啓一個人活動

「SOPHIAとして」以外での都さんの活動や、SOPHIA内でも注目すべき都さんの活動の履歴とその詳細をまとめました。

2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005
2004 | 2003 | 2002 | 2000 | 1997-1999

2010年

実力派ビジュアル系スーパーバンド「Rayflower」結成。 キーボード&プロデューサーを担当。
ショパン生誕200周年記念トリビュート企画CD「JAMMIN' with CHOPIN ~トリビュート・トゥ・ショパン~」に、MASAKIさん(CANTA)、五十嵐公太さんと共にユニット名「戦国ボレロ」で参加。
曲は『即興曲#4 嬰ハ短調 Op.66 幻想即興曲』の超絶ロックアレンジ。

2009年

都さんの師匠である工藤久利さんと共に、イベント「L~Three(Life・Live・Like)vol.2」開催。
日本武道館で行われたMAVERICK DC GROUPのイベント「JACK IN THE BOX」参加。
阿久悠トリビュートアルバム「Bad Friends」内にて久宝留理子&杏子(ex.バービーボーイズ)が歌う「カルメン'77」を編曲。
MASAKIさん(CANTA)の主催イベント「東上線沿線の会 vol.12」参加。
都さんの師匠である工藤久利さんと共に、イベント「L~Three(Life・Live・Like)」開催。

2008年

綾瀬はるか主演映画「ハッピーフライト」と共に制作された、飛行機や航空会社にスポットを当てたドキュメンタリー番組「FLY!FLY!FLY!」の音楽を手がける。

FLY! FLY! FLY! コンプリート・フライトBOX [DVD] FLY! FLY! FLY! コンプリート・フライトBOX [DVD]
Amazonで詳しく見る

阿久のぶひろ「Singing Letters」をサウンドプロデュース。
収録曲「MERRY-GO-ROUND」のアレンジも担当。
フジテレビ系ドラマ「ハチミツとクローバー」の挿入曲を担当。
11.Play Tricks/12.ジグザグ/15.The early spring の3曲。
→どのシーンで都さんの曲が流れていたのかは「ハチミツとクローバー」の都サウンドを追いかけるをチェック!

ハチミツとクローバー オリジナル・サウンドトラック
ドラマ ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック(TVサントラ)
音楽: 海田庄吾 都 啓一(SOPHIA)/河野 伸
1. Honey&Clover
2. 春の陽
3. 甘い痛み
4. 光こぼれ落ちて
5. ドライビング・サイクリング
6. みんな、片思い
7. Tension UP!
8. March of the conqueror
9. 真昼の月
10. 夏の雨
11. Play Tricks
12. ジグザグ
13. 東向き
14. 終わりの始まり
15. The early spring
16. 遠いとおい入道雲
17. 陽の当たる部屋
18. 雨の終わる場所
19. キャンパス(strings ver.)
Amazonで詳しく見る


2007年

Kimeruアルバム「GALAXY KISS」で「Answer will come(O.S.R)」のリミックスを担当
関西を中心に活動するガールズ・ポップ・ロックバンド「HONEY SAC」をサウンドプロデュース。

Go on!

Lion Heads マキシシングル「ゼペット」に「Additional Keyboard」として携わる。
Lion Heads「ゼペット」発売記念ツアー“INO-SISI-ODISI 2007”
5公演にゲストキーボーディストとして参加。
少年カミカゼ「STAY TUNE!」の4曲目に収録されている少年カミカゼの代表曲
『雪が降る街で逢いましょう。』のリアレンジを担当
5月からのLion Heads ツアー2周目に「Lion Heads with 都啓一」として参加。
Kimeru「君じゃなきゃダメなんだ」のプロデュース担当。
同アーティストのPVとライブにもゲスト出演(リンク先レポート)。

君じゃなきゃダメなんだ
君じゃなきゃダメなんだ (Kimeru 留歌 都啓一)
1. 君じゃなきゃダメなんだ
2. All the time
3. 君じゃなきゃダメなんだ(instrumental)
4. All the time(instrumental)
Amazonで詳しく見る

加藤和樹「instinctive love」のカップリング曲「melody」を提供。

instinctive love
instinctive love(加藤和樹 TAKUYA 都啓一)
1. instinctive love
2. melody
3. Venus (Meet the Drastics Live Sesion)
4. instinctive love (Instrumental)
5. melody (Instrumental)
Amazonで詳しく見る

9月22日、SOPHIAのジルくんと共に、『スペースフィルターズ』 結成。
12月29日、加藤和樹さん出演のライブにスペシャルゲストとして参加。

2006年

元RAZZ-MA-TAZZの阿久のぶひろと横山達郎によるユニット
「razz.」のファーストアルバムWhite page
RAZZ-MA-TAZZの代表曲「あじさい」のアレンジを担当
Lion Headsの上海公演に急遽サポートとして参加  *詳細→Lion Headsと都啓一
Lion Heads with 都啓一”として
「FM NACK5 18th anniversary Eighteen's Map We're Not Gonna Take It!!」参加
ホノルルマラソン2006出走。6時間57分1秒で完走。
12月25日、DANGER CRUE所属アーティストによるライブイベント『天嘉 -伍-』
Lion Headsのゲストキーボーディストとして参加。

2005年

KORGのサウンドコンテストに審査員として参加
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『はるか17』(平山あや主演)のサウンドトラックを担当。
曲タイトルも自身で名付ける。

「はるか17」オリジナル・サウンドトラック
「はるか17」オリジナル・サウンドトラック (都啓一)
1. 未来への扉
2. 遥かなる道
3. Switch
4. rule
5. ルーズな太陽
6. Jealousy
7. How are you?
8. 未来への扉(Celesta Ver.)
9. 雨の日のプール
10. 窓際で…
11. 圏外
12. 路地裏の夕暮
13. Puzzle
14. Dark Side
15. Pressure
16. Sign
17. マーブル
18. imitation
19. 遥かなる道
   (Acoustic Guitar Ver.)
20. 夢の彼方へ
21. Phantom
22. Hop-Hop-Hop
23. 時計の裏側
24. Borderline
25. 遥かなる道(Piano Ver.)
26. すべてはここから…
Amazonで詳しく見る



2004年

舘川範雄プロデュースの舞台「ID-ZERO」の音楽を手がける。
石井智美2ndCD 『時に負けない愛で』 作曲・編曲 c/w『そばにいて』編曲

時に負けない愛で
時に負けない愛で (石井智美 西脇唯 都啓一)
1. 時に負けない愛で
2. そばにいて
3. 時に負けない愛で(instrumental)

Amazonで詳しく見る


2003年

関西テレビ ニュース番組『ほっとカンサイ』テーマ曲、番組中音楽を担当。
V6のシングルのカップリング曲『Come With Me』作曲、
カミングセンチュリー主演映画『COSMIC RESCUE』のサウンドトラックを担当。

COSMIC RESCUE オリジナル・サウンドトラック (Coming Century/都啓一)

1. COSMIC RESCUE
(Coming Century Vo Ver.) ~ボーナストラック~
2. やわらかな光
3. Hurry Up
4. Three men's
5. 太陽フレア
6. 政府広報のテーマ
7. ズワイガニのパスタ
8. 闇
9. once
10. Run through
11. the right of case
12. Hero
13. Emergency
14. 別れのテーマ
15. やわらかな光
16. Come With Me (ムービー Ver.) ~ボーナストラック~
Amazonで詳しく見る

テレビ朝日系『PRO-file~デビューのトビラ~』にプロデューサーとして参加。
『Kissmark』のCMアーティスト石井智美を発掘・プロデュース。
『ずっとこの場所で』編曲 c/w『ever after』作曲・編曲

ずっとこの場所で
ずっとこの場所で (石井智美 HIKARI 都啓一)
1. ずっとこの場所で
2. ever after
3. ずっとこの場所で(instrumental)

Amazonで詳しく見る

國府田マリ子アルバム 『音いろえんぴつ ~十二色~』 収録 『9番目の雲』 作曲。

2002年

あさりどのライブに曲を提供。
この当時、台湾で活躍していた日本人アーティストAi(愛・現Ai-Band)に
『CRY FOR THE MOON』、『Time』 2曲提供。
自らがデザインしたワールドカップTシャツをファンクラブ会員に限定販売。
*詳細→都プロデュースグッズ全集
ディスクガレージフリーペーパー『DI:GA2002年8月号』の表紙イラスト担当
非常に夏らしい、たらこくちびるのおばけの絵でした。
10月25日、SOPHIA TOUR "HARD" SPECIAL ファイナル武道館公演終了後
1渋谷 Club Asiaで夜通し行われた都プロデュースの
初のクラブイベント『D.N.P-Deep Night Paradise-』が大成功。
以後、この夜の出来事は伝説として語り継がれることとなる。
フェアウェルライブ~三木拓次追悼ライブ~に、M's Friendとして
元・19の岩瀬敬吾と共にゲスト出演。
演奏したのは三木さんのギターが入った『声が聞きたい』という曲。

2000年

雑誌「プリプロダクション」にて、自身の音楽製作について語る
「ドレミファど~鳴る?」連載開始(2000年5月号~2001年4月号まで)
久宝留理子さんのアルバム『LOVE PULSE』
『愛を凶器に』、『S.O.S』、『Lethal Weapon』の編曲を担当。

1999年

ドラマ『トーキョー♯REMIX~俺達はここにいる~』 の音楽担当。
ドラマの中にも少しコメント出演されました。
RAINBOWトリビュートアルバム 『RAINBOW EYES~Super Rock Summit 2』に参加

1998年

TOUR"ALIVE"にてツアーグッズとして 自身の顔が印刷された
「俺だって生きている by 都」Tシャツ 各会場30枚限定販売。波紋を呼ぶ。
ちなみにそのデザインは、アルバム『ALIVE』のジャケットの女の子が都さんになったバージョン。
何ともいえない眩しそうな表情が絶妙な一品。
その後このTシャツは生産量が多かったのか売れなかったのか、
Special Summer Shop(SOPHIA物販ツアー)でも幾度となく登場し、ミヤラーを狙い撃ちしている。

1997年

西城秀樹トリビュートアルバム『KIDS' WANNA ROCK!』に
松岡充と共にユニット名『笑む&笑むs』として参加。
トリビュートアルバムの中でYMCA(ヤングマン)をカバー。 Keyboardパートの他、Chorusも担当。