SOPHIA・Rayflowerのミラクルスーパーキーボーディスト都啓一さんのファンサイト。

TOP > Miyako Keiichi - 都プロデュースグッズ全集

都プロデュースグッズ全集

ライブのグッズやSpecial Summer Shop(物販ツアー)などで、
メンバープロデュースグッズが販売される事がある。
その中でも特に「都プロデュースグッズ」は...
  • 笑いを提供することを忘れない
  • どれをとっても都さんらしさを感じる
  • 普段松岡充氏に埋もれていて気付かれない意外な絵の才能を発揮!?

そんなスペシャルなグッズになっているのである!
ここではミヤコプロデュースグッズの良さを出来る限りお伝えします。

1. 日本代表サポートTシャツ

日本代表サポートTシャツ

2002年、初のアジア開催となった日韓サッカーW杯に
感銘を受けた都さんがデザインした
「日本代表サポートTシャツ」。
SOPHIAファンクラブEternal会報vol.42-43(2002)で
通販限定販売。

そのデザインは非常にハイセンスで、
ジャパンブルー地のTシャツの前面に
サッカーボールをかたどるように、
白と水色のペンキが撒き散らしてあるデザイン。
普通に街中で着れます。
都さんもこれを着て試合を観戦しに行っておられました。

2. なにやらアヤしいCDケース(笑)discomiyaphy

なにやらアヤしいCDケース(笑)discomiyaphy

2003年のSpecial Summer Shop(物販ツアー)にて会場限定販売。 後にファンクラブEternal会報vol.50でも通販購入が可能でした。

ベージュ色の落ち着いた雰囲気のケースは、
手提げ式になっており持ち運びも簡単。
シンプルな概観の真ん中には「Discomiyaphy」の文字。
くるくる丸い感じのフォントが中に広がる
ミヤコワールドを期待させてくれます。
期待に胸をふくらませて中を開けると、
CDを収納するビニールになにやらイラストが描かれているのですが、 実はこのイラスト、SOPHIAのCDの表面プリントへの落書きになっており、
ゴールテープのイラストがついたスペースに「進化論」(ガイコツが走っている)のディスクを入れると ガイコツがゴールテープを切ってゴールしているような図に合成されるなどなど、とにかく遊び心満載。 思わず歴代のSOPHIAのアルバムを全部収納してしまう、そんなCDケースになっています。

ちなみにタイトル中の(笑)は、正式名称としてタイトルに挿入されているものです。w

3. この風に吹かれながら (携帯扇風機)

この風に吹かれながら (携帯扇風機)

「獅子に翼III」会場限定販売。
後にファンクラブEternal会報vol.56でも
通販購入が可能でした。(通販では色指定不可)

色は
青の羽に水色のボディ(ブルー)
黄色の羽に黄緑のボディ(グリーン)
緑の羽に赤のボディ(レッド)
の計3色。

ボディには都昆布でお馴染みのミヤコマークが施されており、 ボディ後ろには扇風機を首からぶらさげるためのクリップも装備。
(プラスチック製ということもあり、すぐに折れてしまった人も…というか自分が折れた。)

特長はなんと言っても、スイッチを入れると羽の真ん中に設置されている3色の小型電球が光ること。 (単三電池2本付属。)

以前メンバーが「ライブ中(MC中)に客席を見たときにウチワとかであおがれていると、何だかテンション下がる」と言っていたことがあり、その改善策として?作ったものであろうと推測。しかし、ライブの熱い空間の中でこの類のプチ扇風機はイマイチ非力であり、また、 MC中など周りが静かな時に稼動するとその動作音(モーターのヴィーンという音)がちょっとうるさいこともあり、実用的そうなアイテムのわりにイマイチ使い勝手が良くなかったのは残念。しかし、西武ドーム開場前待機時(真夏の快晴)では非常に重宝しました。

ちなみに、グッズのキャッチコピーは「ライブだけでなく、サッカー観戦のお供にもどうぞ」

4. -僕はここにいる- (携帯三面鏡)

-僕はここにいる- (携帯三面鏡)

獅子に翼IV 会場限定販売。
後にファンクラブEternal会報vol.61でも通販購入が可能でした。
折りたたみ時 横幅98mm、縦94mm、厚さ10mm(おおよそ)の携帯三面鏡。 メイクのときなどに三面鏡は意外と重宝するものであり、そういった女性のニーズに答えられている素敵なグッズ。
色ははブルー一色のみ。プラスチック製で、ラメが入っている。

鏡の背部には立てかける用のスタンドもついており、多少ガタガタするなど作りの荒さもあるものの、こういった携帯鏡でスタンドが収納できるスタイルは好印象。 メインの鏡のふたを開けると三面鏡になり、中心の鏡部分にはなんと 都画伯による(?)「自画像」と「僕はここにいる」という文字が掘り込まれている。 正直そっちが非常に気になってしまい、この鏡で普通にメイクできるようになるまでには時間を要する。

この都像、わりとツッコミ所も満載であり、
  • 実物より明らかに目がでかすぎる
  • ちょっとマンガタッチ
  • 口が大きく、八重歯が強調されている
  • 髪の毛のボリュームがあり、ロン毛

……など、都さんから見た?自らの特長が存分に表されている。

5. “男の子”タンブラー

“男の子”タンブラー

LIVE 2007“スターライトヨコハマ”会場限定販売。
高さは約13,3cmで、手におさまるサイズの普通より小さめなタンブラー。
タンブラーの絵柄にはなんと、前回プロデュースグッズ『僕はここにいる』で登場した都像がカラーになって再来! ちなみにその手には「MIYAKO スターライトヨコハマ」とかかれたタンブラーを持っている。